【最新2020】 美肌のになるその方法と理由と改善策

 

  • 女優さんのような陶器肌に近づけたいけど普段のなかなか近づけないような気がする。
  • シミしわがない美白肌をできるだけ維持したい。
  • ニキビがない肌を維持したい、、、

▲上のような悩みの方必見の記事なります。
こちらの記事では美肌を維持または現在の肌を美肌に近づけるためもしくは美肌にするための知識が詰まった内容です。

普段意識してみるとこんなにも変わるものかということ実感できる有料級の内容を公開しております。

美肌の定義

そもそも美肌の定義というのはなんでしょうか?

サイトを色々調べていくと、『う・な・は・だ・け・つ』とかよく出てきます。

  • 潤い(うるおい)⇨ 肌の水分保持力や保湿力。
  • 滑らかさ(なめらかさ)⇨ きめの細かさ、毛穴の目立ちのなさ。
  • 張り(はり)⇨ 肌のみずみずしさ、若さ。
  • 弾力(だんりょく)⇨ さわったときいはずむような柔らかさ。
  • 血色(けっしょく)⇨ 顔色が良いこと
  • 艶(つや)⇨ 自然な光の反射が綺麗で透明感がある肌

それではそんな美肌の定義にあった肌にするために、そもそもの肌荒れの原因を知っておくことが必要になります。

肌荒れの原因

美肌に影響を及ぼしている肌荒れの原因とはどのようなものか▼の4つをご覧ください。

  • ストレスによる体調不良
  • 肌の乾燥
  • 肌に合わない化粧品
  • 生活習慣
  • ダイエットなどの過酷な減量

美肌を壊す要因です。
当てはまっても悲観的にならないためにまず改善を繰り返していきましょう✨

そうわ言ってもまずは自分の肌がどの要因で荒れているのかを知っていく必要性が一番にあります。

近道で美肌になるための知識と美肌になるための方法をご紹介します。

美肌になるための知識と自分に合う方法を見つけるために

美肌を意識したメイクオフ

  • クレンジング剤の質
  • 洗顔料の質

今使用している、クレンジング剤と洗顔料の見直しが必要です。
使った後に、肌が乾燥してつっぱらないかどうか、、かゆくならないかどうか、、、。

オイルのクレンジング剤の特徴として、汚れと同時に肌の必要な油分までも取ってしまうこともありますので、要注意して使っていきましょう。

乾燥は肌が敏感になり炎症を起こす要因です。

洗顔料はきめ細かい泡で優しく洗えるものが必要です。

栄養豊富で無駄のない美肌食生活

美肌のために必要な栄養が入っている食事とは

  • 緑黄色野菜
  • 玄米菜食
  • 糖質<タンパク質
  • 栄養補助食品(サプリメント)  などがあります。

普段どうしても動物性の脂質に偏りがちです。
そうなると老廃物も多くなり、酸化したり、毛穴の広がりやニキビ、炎症の要因になりますので、動物性脂肪は魚で補いことで改善されます。

また魚は良質な油とタンパク質なので美肌に最適なので食事に取り入れていきましょう。

腸内環境正常化による美肌デトックス効果

腸内環境が整う整うと美肌効果はもちろんのこと、メンタルも安定し明るい自分でいることもできます。

腸内環境を整わせる食事一覧

  • ヨーグルト
  • 乳酸菌サプリメント
  • 食物繊維またはそのサプリメント
  • ナッツ類

乳酸菌は善玉菌として腸内環境を正常にして悪玉菌を予防してくれる効果として非常に重要になります。

ナッツに食物繊維や栄養も大いに入っているので美肌にするなら必須ですね。

便秘で腸内に老廃物がたまり続けることでのデメリットがあまりに大きいので、美肌になるために食べるものを意識していきましょう。

美肌を意識した基礎化粧品

美肌になるにはスキンケア化粧品のphを合わせることが必要です。

それも肌と同じ弱酸性ではないものを使用すると、年齢関係なくごわつき将来的なシワの要因に大きく関わりますので、より自然なものを使用する意識を持ってください。

問題視されているのが、クリニックや美容外科で勧められたかと言って使っている化粧品のpHが弱アルカリだったりすることも多々あります。

私も、ブランドだけに拘っていた時があります。

当時の肌はカサカサでボロボロなのにプライドだけ高かったような気がします。

高級化粧品でもしっかりと調べてから買いましょう。

睡眠不足によるストレスは美肌の大敵

肌の新陳代謝が活発になる夜22時から2時までの間に眠らないと肌は再生されにくくなります。
さらに睡眠時間を7時間以上とることによって成長ホルモンによる肌の再生効果が生まれる研究結果も最近はよく聞きます。

美肌のためにしっかりとした安眠も同時に目指していきましょう。

運動で代謝アップによる美肌デトックス効果

運動によるデトックス効果とその美肌のメリットは大きいので毎日継続することが大事になります。

  • 便秘解消
  • 代謝、ターンオーバーの改善
  • 血流改善
  • メンタルリフレッシュによるストレス解消効果

毎日継続した有酸素運動がおすすめです。

30分程度で汗を出すような運動を心がけましょう。

入浴による美肌効果

入浴による美肌効果のメリット

  • ターンオーバー正常化
  • 代謝アップ
  • 便秘改善
  • 血流改善
  • メンタルリフレッシュによるストレス解消効果

汗をかく程度の入浴をすることによってのメリットも、運動効果とよく似てます。

ただのぼせたり、入浴剤を入れないことで塩素除去できない入浴は避けたいです。
塩素はビタミンCが入った入浴剤で除去できます。
その後に入浴することで疲れも取れます。

非常に、効果的なので30分は時間を使って入浴の意識をつけていきましょう。

水を飲むことでの美肌効果

水を飲むことでのメリット

  • 代謝アップ
  • ターンオーバー正常化
  • 便秘改善
  • 血流改善
  • 汗の量が増え老廃物除去

人の体は60%もの水で構成されています。
それはジュースやお茶のような水分ではなく、純粋な水が必要になります。

誤って、ジュースやお茶で水を飲んでいると思うからは水に変えてみると、美肌に一気に変わりますよ。

気をつけたいのが水道水の飲み方です。
水道水は塩素水になるので、飲むと肌どころか体を壊してしまう要因になることもありますので気をつけましょう。

重要なのは純粋な水が美肌への近道になります。
浄水器やウォーターサーバをお勧めします。

ペットボトルはリサイクルや環境汚染につながるものなのと、コストも車のガソリンよりも高いんです。

飲料は見極めて、美肌のために毎日純粋な水を2リットル以上飲みましょう。

美肌知識のまとめ

以上のことを気をつけて美肌を保てるように継続して、まずは身の回りを見直していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です