【簡単】ニキビの理由

 

ニキビを治したいけどその理由がわからないという方へニキビのほんとの理由と改善の知識をご紹介します。

ニキビで本当に悩んでいるが、そもそものニキビの理由がわからない。
結論としてニキビは生活習慣で治ります。

それを変に感がすぎることでさらにストレスを感じたりしてしまうことってありますよね。

わたしだけなんでニキビができるの、、、
とか

それはあなただけの悩みでもなく、生きている限り誰でもなることです。

それも生活習慣の改善だけでも治るものです。

この記事をみて、しっかりとニキビを直す習慣付けを行なっていきましょう。

ニキビとは

ニキビは穴に皮脂がつまりアクネ菌が増殖し、毛穴の中で炎症を起こる皮膚の炎症と言われるものです。

女性ホルモンのバランス乱れや食生活や代謝不全で起こってしまうものです。

ニキビは年齢によって出来やすくなったりする

思春期ニキビと言われるものは女性ホルモンのバランスの変化によりニキビの出来やすい環境なります。

思春期は毛穴に皮脂がたまりやすく、アクネ菌にが増えてニキビができやすい肌環境になります。

大人ニキビと呼ばれるものとは

思春期ニキビではない場合は生活習慣によるものから、特に食生活からくるものが多いようです。

同じように皮脂が詰まることでアクネ菌が増えてニキビができます。

薬だけでは治すことができないため。治すためには生活習慣の正しい改善方法と知識が必要になります。

アクネ菌とは

アクネ菌は皮膚に存在する菌の一つになります。
いわゆるニキビ菌と呼ばれるものです。

酸素がある場所では生きられません。
なので皮脂が詰まった毛穴の内部で生存し増殖してニキビとして大きくなってしまうのです。

ニキビは皮膚科で治る?治らない?!!

皮膚科に行くことによって、根本的な治すための療法は言われますが、治りません。

最初は見てもらいたいという方だけはお勧めします。

わたしの経験上は薬代がかかってしまうイメージです。
例えばビタミン剤と塗り薬代の費用で3,000〜4,000円程かかります。

もったいなく感じますので、その金額を払うより生活習慣の手入れの方が重要です。

ニキビができる仕組みと順番

ニキビの仕組みを説明します。

知っておくことで改善にもつながる理由もカンタンにご説明します。

ニキビ段階その1
毛穴詰まり
毛穴に皮脂や汚れが詰まるとアクネ菌(ニキビ菌)が増える
ニキビ段階その2
毛穴の酸化
毛穴の脂の酸化による黒ずみ
ニキビ段階その3
毛穴の炎症
毛穴が赤く腫れ上がる
ニキビ段階その4
ひどいニキビの状態
黄色いニキビが膨れ上がる状態や赤く腫れ上がり触ると痛い状態(かゆみも発生)
※注意※
痛い場合には中で破裂しているので痛くなります。

ただ焦る必要はありません。

まずは生活習慣の改善を行うための基礎を学ぶために落ち着いてサイトの記事の中で知識を蓄えていきましょう。

ニキビを治すための生活習慣とは

食生活の改善

お酒はダメ、快便にする。

肌を清潔にする

クレンジングと洗顔と、アフターケアのスキンケアが重要。

できるだけ自然なクリームで肌に合わせて使う。

もちろんメイク用品もブランドにこだわらない優しいものを使用すること。

肌に刺激を与えない

メイクとクレンジング、洗顔やスキンケアによる肌の摩擦は優しくする。

十分な睡眠

6〜8時間ほどの睡眠を取ることで女性ホルモンのバランスが整う。

皮膚のターンオーバーとは

肌細胞が生まれ変わること、またはその周期のことです。

正常であれば28日周期と呼ばれています。

生活習慣の乱れで、毛穴に皮脂が詰まることになり、ニキビの原因になります。

女性ホルモンとは

女性ホルモンとは健康に過ごすために必要なものです。

特に女性ホルモンと呼ばれるものは「エストロゲン」と「プロゲステロン」というホルモンです。

生活習慣の乱れにより女性ホルモンの分泌が減少します。

女性ホルモンの減少により男性ホルモンの過剰分泌が起きます。

それにより代謝は上がりますが、毛穴はよりふだがりやすくなり、肌荒れとニキビを引き起こします。

まとめ

まずは皮脂を詰まらせないような肌環境を作ることを心がけることがニキビを治す最速の手段になります。

そして長期的にではありますが、綺麗な肌にすることができます。

一生綺麗な肌になりましょう^^

もちろん早く知識をつけて生活習慣の改善の必要があります。

他の記事でも細かい知識は案内してますのでぜひご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です