オルチャンメイクと日本メイクの違い

今回は、私なりのオルチャンについて語っていきますので、偏見や独自の考えが含まれておりますので、温かい目で見ていただけると幸いです!!!

今や美容大国と知られている韓国ですが、日本人と何が違うのって思いますよね(。´・ω・)?

それはズバリ、メイク方法と美容に対するアグレッシブさなんです!!!

韓国と日本のメイクの方向性

メイク方法の方向性が韓国と日本では違います。

まず韓国では、美人クールビューティーを目指す人が多いです。

理由としては、韓国では上記2つが好まれるからそれに寄せたメイクになっていくのでは?

さらに、美に関すること綺麗になる為には、時間やお金に惜しみなくちょっとした整形なんてのは当たり前のご時世です。それもあって、周りの目も気にせず気軽に整形容易にできるのは、すごいうらやましいですよね。

皆さんは、整形してお友達や家族に整形したんだよ!いいでしょ!って自慢したりしますか?

いえ、しませんよね(´;ω;`)

家族になんかいったら、高いお金かけてあんた馬鹿じゃないのって言われそうです・・・

韓国では、整形が認知度が高いからこそこそ美容の最先端を走れているんじゃないかなって思ってます!

逆に日本は、可愛さをもっとも意識したメイクを意識してる方が多いんじゃないかって思います。可愛さと美人は全然違いますよね!

日本女優の広瀬すずさんや、新垣結衣さん、めちゃめちゃかわいいですよね✨

あの顔になりたいって思った人は、似たメイクを取り入れている方も少なくないんじゃないでしょうか。

実際のメイクの違い

オルチャンメイクの特徴としては、やはり一番は、白い肌ツヤのある肌ですよね。

日本は、できるだけ肌に寄せた配色を選びがちになりますよね。

さらにオルチャンメイクには、目元メイクやリップにも特徴があります。

韓国での目元メイクは濃い配色目の横幅を強調する特徴を出すように仕上げるのが私の中には、印象深いです。

View this post on Instagram

❣️

A post shared by 임보라(boralim) (@3.48kg) on

リップは、より唇を目立たせる為に、赤リップを最近は、よく見られます。

肌を白い感じで仕上げる為、余計目立ちますよね。

私が、赤リップ好きで意識しすぎているだけかもしれませんが(笑)

日本では、あまり主張しないようなカラーが多く目立ってますよね。

ここもメイクの違いが出てるなって思ったのが、チークです。

韓国でのチークのつけ方は、ほぼつけいているのかわからないくらいの感じになってますが、日本でのチークは、濃いめまたは、目立つが流行しているのではないでしょうか?

https://www.instagram.com/p/B3jKn0jFT4o/?utm_source=ig_web_copy_link

韓国と日本の美への意識の違い

韓国女性は、顔にできものやニキビができた瞬間に皮膚科に行く人が多いらしいですね。

日本女性は、できものやニキビができたら、ニキビパッチ止まりの方が多いんじゃないでしょうか?

韓国女性の徹底さが素晴らしいです・・・

私には、できないかも・・・

でも、見習っていかねばいけませんね。

美を目指す一女性としては・・・

日本人の特徴として、消極的一定のラインまで行ってしまったら満足してしまいその先を目指さなくなってしまうこと。

かわいいや綺麗を求める為には、今以上に美にストイックにならねばいけませんね。

やっぱり、20代はかわいい。

30代以降では、綺麗って言われ続けたいものですよね。

まとめ

皆さんいかがでしたか?

韓国と日本とでメイクの方向性が違っているのは、求めるものの違いにあったんですね。

いつも肌の手入れを欠かさずやっていることで、満足感を得た気になっていては、どんどんすたれていってしまうんです。

ちやほやされるのは、20代までって時代は終わったんです。

いつになってもかわいいや、綺麗を言ってもらえるように、より美への意識をアグレッシブにしていく必要がありそうですね。

長々と語り続けてしまいましたが、今回は、韓国メイクと日本メイクの違いについてでした。

この記事を読んで少しでも共感していただければ嬉しいです。

では、また会いましょう💛

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です